営業時間 月曜〜金曜 9:00〜5:00
休業日:土日祝・年末年始
お問合せください ☎03-3741-1567
Mail pmc@kikuwa.biz

革や合皮を印刷・加工したい



レザーへの加工で高級感アップ

最近はレザー、皮革などへの彫刻としてCO2レーザーが利用されるようになってきました。また、小ロットの試作やノベルティなど制作する際にUVプリンターを使用してレザー、皮革、合皮などへの印刷も行われています。

レザー、革、合皮も紙や木材と同様に切ることができます。しかし、木材と同様に切断面が焦げてしまうという欠点があります。そのため、切断よりも表面に彫刻をするような使い方の方が革の風合いを生かし制作することができるように思われます。

Adobe IllustratorのAI形式で制作されたデータであれば、そのままのイメージで切り抜く事ができます。また、手書きであっても一度AI形式のベクトルデータに変更することで、圧倒的な効率で制作することができます。簡単なものであれば数分、複雑な物でも数十分で切り抜くことができ、趣味から仕事まで今までに無い効率的な作業を実現できます。


革・レザー・合皮にはUVプリンターがベストマッチ

CO2レーザー加工機よりもUVプリンターを使ったオリジナルデザインの印刷などが中心となります。特に一般的なインクジェットプリンターでは印刷が不可能な厚みの表面処理された革、凸凹がある革であっても、印刷が可能です。

弊社のUVプリンターは、白色インクなども使用でき、また柔軟性も併せ持つインクを使用いたしますので、紙だけでなく樹脂から木材まで様々な材質のものに印刷が可能です。


CO2レーザーによる革・合皮への加工

最大加工範囲 切断:縦610mm 横960mm
彫刻:縦610mm 横860mm
最大加工物サイズ 縦610mm 横1061mm 厚み177mm
切断可能な厚み 一般的な革であればほぼ全て切断可能 凸凹があっても問題ありません
彫刻  平滑な革へグレースケールによる写真彫刻が可能ですが、薄い革の場合は不可能です。
対応フォーマット  AI、eps、JPEG その他ご相談ください。
加工個数  1個から可能

素材の持ち込み加工も可能ですが、必ずテスト加工を行うので予備の材料をご用意ください。


お客様の思いや考えを忠実に制作する

弊社の加工サービスは、一般的なグッズ制作サービスと異なりテンプレートがございません。

お客様が思い描くカタチをそのまま表現することを最も大切なサービスと考え、加工のやりやすさや機器の性能に依存したテンプレートを持たず、お送り頂いたデータを拝見し、最も効率が良く加工できる方法を考え、お見積もりし制作を行います。そのためご相談からお見積もり、発注、加工、納品といった流れになりますが、必ずご満足頂けるクオリティで加工を行うようにしています。

〇加工個数が少ないので他社で断られた
〇特種な仕様のため対応してくれない
〇規程サイズや厚みに収まらないので制作してもらえない
〇素材の色や厚みを分けて制作して欲しい
〇テストしたいので一個ずつ異なる仕様で制作したい

このような悩みや一般的な加工サービスに満足できないお客様、是非ご相談ください。